Vol.6 社会貢献とは笑顔にすること。

社会貢献とは収入が多く税金を払っているだとか消費者に有益な商品を提供できているだとか人それぞれ考えがあるかと思います。

 

私が考える社会貢献とはどれだけ人を笑顔できるのか。と私は思います。

 

このストレス社会で本当に笑えている人がどれだけいるのだろうか。

 

何かに不安を抱いたり、心配があったりと何かにマインドシェアを奪われていることの人の方が多いです。

 

私には色々な相談がきたりしますが、その中でも経営者だったり人並みに以上に成功しているかたから相談を受けることが多く、やはり孤独なのだなと思うことも多々あります。

 

表では確かに笑って楽しそうではありますが1人になった時に考え込んでしまうかたも多くいらっしゃいます。私自身、一生分くらい20歳ころから悩んだり考え込んだりすることで、その打開策がわかったのです。

 

20歳のころ、資産家の運転手兼秘書を勤めているとき朝から夜中まで車の中で待機して理不尽なことで必要以上に怒られ怒鳴られることで精神的にも打たれ強くなり。

 

23歳の時に6000万以上の借金を背負うことになり

 

友達、彼女に裏切らて周りには誰もいなくなり1ぼっちになり誰にも言えない悩みを約7年間一人で背負って生きてきました。

 

そのことがあってから色んなことが不必要な悩みだなと思うようになりました。

 

私にできる社会貢献とは1人でも多くの人を笑顔にすることではないかと思うようになりました。

 

是非、皆さんも1人でも多くの人を笑顔にできるようにしていきましょう。

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 23歳で借金6000万円を抱えた7年間の苦悩の日々。

  2. Vol.19 自分を商品化する為の4条件

  3. Vol.28全てを吸収しようとせず、一部を吸収すること。

  4. Vol.8 お金だけでは幸せになれない。

  5. 第18回:質問力と相談力

  6. 環境を言い訳にしない

  7. 第14回:情報価値

  8. Vol.14 今から成功者の振る舞い

  9. 第3回:地獄からの生還する秘密

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ピックアップ記事

LINK







PAGE TOP