可能性を感じたらまずやる

何かを始めようと決断しようとする時「考える」というのは、やらないのと同じ。

少し考えます。と言う人のほとんどがやらない事を何度も見て来ている。

実際考えておくは、その場から逃げる為の口実に過ぎない。

私だって、以前はお金がないのにも関わらず「やる」と言って、そこから資金を作ったりしていた事も何度もあります。

人間やると決めて行動すれば、それに見合った金額もできるし、その金額ができるのであればやるしかない訳です。

少しでも可能性を感じたのであれば、一度とことんやってみた方がいい。

人によっては起爆剤になり大きな成果を上げる事が可能である。

自分でもこれならできそうだ。興味がる。と思ったら少し無理をしてでもやる。

自分には少し無理そうだ。または興味がない。と思ったら辞めて他の事を探す。

これくらいの事を瞬時に判断できないと、毎回毎回悩むだけ悩んでやらない人になってしまう。

可能性を感じたら「まずやる」癖をつけて下さい。

ものによってはお金を使わないとダメなモノもあるでしょうが、お金をかけたくなければネットや本で独自に勉強してやったりする事です。

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 第20回:現在必要なくても未来必要になること

  2. Vol.11 辛い時は忙しくすること。

  3. 事は急に、行動は迅速に

  4. 基礎を得、疑問を調べ、どう伝えるか

  5. 第13回:情報発信

  6. 【成功へのテクニック】 

  7. Vol.7 理想の前に成果をあげる。

  8. 第16回:マイナスからゼロに更にイチへ

  9. 短期的な結果を求めず、長期的な地味な作業を繰り返すこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 6位

    前悔

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP