情報を詰め込み過ぎない事

こんばんは、鳥居です。
様々な情報を詰め込もうとして、メルマガだったりLINE@だったり色んな人のを見るものの、通知だけが溜まり、結果どの情報を見る事ができなかった。という人も多くいるかと思います。

私が思うに1日の間に処理できないような情報量は取るべきではないと思っています。

人によって情報処理のスピードは全く異なるなので、1日で莫大な量を処理できる人もいれば、1日数通も見れなかったりする人もいます。

これはいわゆる慣れでもあるのですが、私も一時期ラインやメールが多くその日のうちに処理できなかったり、無駄なグループラインなどで、重要な情報がどこにあるかと遡るのに時間がかかったりと効率の悪さを自覚しました。

通知が多く後回しにする事で重要な情報を見誤ったり、チャンスを逃してしまったりなんて事もあります。

無駄な情報を溜め込んでしまうが為に、貴重な情報を逃してしまう事だってあります。

なので、私は、メールにしてもラインにしても未読がないようにその日のうちに処理し、自分に不必要であろう情報は解除したりと、自分のキャパを超えないように処理をしております。

講義などを後からまとめて見たりと最後にあたふたするような人は、夏休みの宿題を最後の最後まで溜め込んで、あたふたするタイプだったのではないでしょうか。

自慢にもなりませんが、私は宿題すらやらなかったので最初から最後まで遊ぶという選択をし学力は下の下で通知表は体育以外は常に1のオンパレードでした。

後から必死になるくらいなら、先にやらないという選択をするのも1つとこれは言いたい訳です。

ちょっと例えが変になりましたが、1日で処理できないもの溜め込んでしまうものは、数日経っても処理していないはずです。

自分が1日どれくらいの情報を処理できるか考え、そこから慣れて徐々にキャパを広げていけばいいのですが、何事も一気に詰め込もうとして、結果自分を迷子にしてしまう訳です。

不必要に情報を詰め込まず、自分に必要なものだけ詰め込んでいく事でしっかりとやるべき事が見えてくるのではないでしょうか。

誰もが効率よくできる訳ではなく、自分のペースの中で効率的になる事を覚えてみてください。
鳥居重則

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 第5回:時間の整え方

  2. 第16回:マイナスからゼロに更にイチへ

  3. Vol.21 自分の欠点を知り向き合うこと

  4. 第20回:現在必要なくても未来必要になること

  5. Vol.31 年内までに、今の現状を100%変えられる4つの方法

  6. 簡単にマインドセットは吸収できない。

  7. Vol.35 時間短縮法。

  8. 【なぜ、継続する必要があるのか】  

  9. Vol.32 やりたい事をやるから結果がでない!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP