あと20年したら仕事がなくなる?

テクノロジーが発展してきている現在、雇用がどんどん少なくなってきています。

機械で代替可能となる仕事が日本でも約49%あるそうです。

ITが発展して来た頃は労働生産性と雇用が共に伸びて来ていましたが、人工知能などが進むにつれて、労働生産性は上がるものの、雇用が削られて来ているのげ現代社会です。

オンデマンドエコノミーなどが発展していく中、既存の仕事が失われて収入は下がり、会社自体がなくなったりもして来ている訳です。

顧客側はもちろん使いやすさを重視していくので、アプリなどで簡単に使えてしまう方を選んでいきます。

サンフランシスコでは一般車がタクシーの代わりに乗車させることで、タクシーより安く、そして使いやすくなってしまった為、1200人の雇用が失われたりもしているそうです。

逆にUBERなどはたった数年で7兆円規模の企業を作ってしまったりしています。

今後人工知能などで済んでしまう業種は、事務、物流、農業、清掃、通訳、調理、秘書などが挙げられております。

あと20年と言われておりますが、時代は思っている以上に変化し流れています。

今から5年10年を見越してもっと自分に知識や本質を見抜いていく必要性がありそうですね。

 

LINE@はこちらからご登録頂けます!
http://line.me/ti/p/%40s.torii

ID検索はこちらから!
→『@s.torii』検索(@を忘れずに!)

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. ストレス的感情が身を滅ぼす

  2. あと1歩でうまく行く人と行かない人

  3. 今必要なくても5年、10年後必要になること

  4. 基礎を得、疑問を調べ、どう伝えるか

  5. 相手側の立場になる

  6. Vol.30 ノイジーマイノリティは気にしない。

  7. Vol.16 想い

  8. 第8回:運が良い人、運が悪い人

  9. 情報の集約

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP