理解し、行動し、考える

現状がいつまで経っても良くならない人は、ただ単に「理解し、行動し、考える」という事をしていないからです。

言われたことを全て理解できているのか?
本当にその通り行動できているのか?
言われた以上のことを自分で考えたことがあるのか?

これが、必ずどれか1つは抜けているはずです。

言われた事を理解しようともせず、忘れてしまってそのままにし、自分で言っていた事すらも良いように解釈してしまったり

頭では理解したつもりでも実際難しいと思って行動するのを辞めてしまい、結果時間だけが過ぎてしまっていたり

言われないと次のことも考えられず自ら行動できないでいて、指示を待っているだけでボーっとしていたりと、何かしらに当てはまります。

返事だけしてればその場は収まりますが後で困るのは自分自身です。

だいぶ前に言った事を今更形にしようとしても、遅いんですよね。

1年前に始めるのと、今始めるのでは意味が違って来ますし、その時言われたアドバイス等は短期間で行動に移すか、種を蒔く必要があります。

今すぐ実行できないことであれば勉強し理解するという準備期間が必要で、準備期間も必要ないものは直ぐにでも始めるべきなんです。

準備期間が必要とするものとしては、中長期過程で見るものが多いので資金や知識などが必要になってくるものもありますが、ほとんどは短期間で実行できるものばかりかと思います。

アドバイスはその人に見合ったレベルで話すのがほとんどなので無理なような事は言わないので、いつも無理と思っているのは本人なのです。

無理意識は自分で作り上げた不安という感情で、調べもしないで無理と決めつけているだけです。

後から理解できて来ることももちろんありますし、その理解できた後に行動し、自分で考えることができてくれば自ずと道は開けて来ます。

ただ、自分で制限してしまえばそれ以上の発展はあり得ません。

自分を成長させるのも自分を制限するのも常に自分の判断次第です。

それで他人は困ることはありませんし、常に困るのは自分という事です。

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 【真逆の価値観、意見を取り入れる】

  2. 妥協しない環境作り

  3. 相手側の立場になる

  4. 第7回:感情の整え方

  5. Vol.33 Noと言った時点でやらなくなる。 Yesと言ってその限界までやり尽くすこと。

  6. 成功する人の感覚と直感

  7. 年内までに辞めること

  8. 焦って判断を見誤らない事

  9. Vol.7 理想の前に成果をあげる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 7位

    前悔

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP