【負の連鎖を止めるには】

【負の連鎖を止めるには】

負の連鎖、負のサイクルを止める為には流れを変える必要性はあります。

その前に、なぜ負の連鎖や負のサイクルが起こってしまうのでか。

それはその人に根ずいた習慣と癖にあります。

借金、ヒモ、ギャンブル、浮気、薬

まず、借金癖があるのであれば借りる癖を直す以外ありませんせし、雪だるま式に増えていきます。

そして虚言癖があるので、毎月返すね、いついつに返すねと言って約束を一切守りません。

約束するのが嫌いだからです。

毎月返済するのが嫌になり、結果返さないでバックれる訳です。

ヒモ生活をしている人も同様、お金を引っ張るのが癖になり、楽してお金を手にするので次から次へと嘘をならべていきます。

これもできない約束をして土壇場で逃げたり、連絡が取れなくなったりしてしまいます。

ギャンブル中毒者は勝つ快楽に溺れ結果損していることに気付かず、負けて借金まみれの生活になっていきます。

最初は少額て始めてみたものの、金額が大きく上がるにつれて10万20万の勝ちじゃ満足できず、辞めることができなくなります。

浮気癖もバレればどちらも失い兼ねないし、何より時間の無駄。
何人もの異性を相手にするということは、効率が悪く時間を割かないといけない訳です、

時間もお金もそこにかけても結果なにも残りません。

薬中毒者などは一度快楽に溺れてしまえば、その味を身体が欲しがり今回だけ、今回だけと身を滅ぼしていくことになり、全てを失ってしまうことだってあるのです。

まだまだ、負の連鎖を引きよせる内容もございますが、このサイクルが始まってしまうと、取り返しのつかない組み合わせになったりしてしまいます。

例えば、ギャンブルにハマれば借金にいきつくなど様々な組み合わせでもっと悪化させてしまったりするのです。

では、どうすれば変えられるのか?

簡単です。

借金癖があればもう今すぐ借りるのを辞めて少しづつ返していったり、ギャンブルであれば現金を持たないようにしたりなど方法っていくつかあるのですが、今までそれで生きてきたので、簡単に変えることなんてできないんですよね。

そういう人たちは言っても治りませんし、本気で自分が気付かない限りいくつ歳を重ねても何も変わりません。

そして気付かぬうちに周りにも多大な迷惑をかけ、周りも嫌気がさしていくのです。

そうすると周りは自然と離れていき、気付いたら自分だけ成長していないで周りは出世したり、成功していったりし、人を妬みだしていくのです。

負の連鎖は自分で止めない限りどんどん悪い方向へ引き続いていきます。

私自身は嫌味を言う人やネチっこい人が死ぬほど嫌いです。

自分を正当化し人に負の念を送り、相手を困らせて自己満足するような人と関わってしまっては、せっかく流れが良くても悪い方へ傾いてしまう可能性があります。

それだけ言葉や文章には力があります。

だから、批判などされて病んでしまう人達もいる訳で、特に日本人の嫌味やネチっこさは尋常じゃないと思います。

そして、貴重な時間を誰かを叩き落とす為に使っていると考えると暇人としか思えない。

ちなみに私にも会ったこともない人から、叩き潰してやるやら、消してやるやら、非通知でHPの住所までいくからな。とか言い出す人もいたりします。画像をキャプチャして保存しているので、度が過ぎてきたら考えようくらいな感じです。

他人を進退する権限など誰にでもない訳です。

事実無根なことが先行し、関わりを持ったことがない人達が勝手な妄想で話を組み立てる。

言われているほうよりも、言っている本人たちが後々深い苦しみを味わうことになることをしらないから、そういう心無いことが言えるんだと思う。

何れにせよ、負の連鎖を止める為には今癖ずいてしまって引き寄せてしまっていることを断ち切らないといけない訳です。

それを断ち切らない限り、現状は変わらず好転していくことはありません。

 

大好評LINE@はこちらからご登録頂けます!
http://line.me/ti/p/%40s.torii

ID検索はこちらから!
→『@s.torii』検索(@を忘れずに!)

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. Vol.31 年内までに、今の現状を100%変えられる4つの方法

  2. 決断と行動の一致

  3. 第20回:現在必要なくても未来必要になること

  4. 第19回:辛い時の心の整え方

  5. 考えるのが面倒臭い、考えない方が楽

  6. 情報商材を購入しても結果が出ない訳。

  7. 第3回:地獄からの生還する秘密

  8. 香港大富豪の教え

  9. 時には向き合い、逃げることも 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 6位

    前悔

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP