自己成長を貪欲に

自分が停滞している時は、自己成長が滞っている状態だと私自身の経験上わかりました。

私の持論になりますが、必ず学ぶことを辞めていた状態でこの状況に陥ることに気付いたのです。

生きる上での最大のテーマは学びであり自己成長に直結する。

どの部分で学ぶかは人それぞれ異なりますが、学ばなくなるとずっと今以上のフェーズには進めず、自己成長は止まります。

足を引っ張るいわゆるドリームキラーなどは自己成長を放棄した人達であり、自分の知らないことは全て怪しいと捉えてしまうのです。

学生時代からの知り合いと今も付き合いがある人達も多いかと思いますが、最終的には馴れ合いだけでは付き合えなくなっていきます。

自分の考えが変わると以前の考えを違うと思うこともでてきたり、常に自問自答の1人の世界ができあがります。

今までの考えを拒否したくないという気持ちと、古い価値観を壊したいという気持ち。

しかし、古い価値観を捨てていかない限り新しい考えはでてこない。

未来を創り上げるのは今の自分の思考が描くものであり、その考えが古かったりしてしまうと、これから創られるものも基準が低くなってしまいます。

未来を描くのであれば、想像を豊かにし大きなビジョンを描く方が大事。

そのビジョンがなければ近づくことさえできないのです。

今の思考が未来を創り上げるとわかった瞬間、ネガティブな感情は邪魔でしかありません。

未来を創り上げる材料は妄想というお金もかからない誰もができる方法であります。

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 第10回:成果を出す為に必要な事

  2. リッツ・カールトン香港に宿泊しきました。

  3. 第7回:感情の整え方

  4. Vol.12 時間が信用を生む。

  5. 第16回:マイナスからゼロに更にイチへ

  6. 妥協しない環境作り

  7. Vol.33 Noと言った時点でやらなくなる。 Yesと言ってその限界までやり尽くすこと。

  8. 23歳で借金6000万円を抱えた7年間の苦悩の日々。

  9. Vol.15 自分というブランドを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP