【成功へのテクニック】 

お金を自分の力で稼いでいける人と稼いでいけない人には
お金のない時の「お金の使い方と時間の使い方」が違います。

稼いでいけない人は、お金に余裕がないことを理由にして引きこもりだったり、外に出ることを拒む割には、自分に浪費していたり、同じくらいのレベルの人とご飯食べに行ったりして、自己満足な行動を起こします。

稼いでいけない人ほど、人に使われるのが嫌でプライドが高い為「なんでこんなことしないといけないのか」という気持ちが強く、自分はそんな雑用したくないと自己評価が高い割に、学ぶ意欲が低いのです。

逆に稼いでいける人は、外にでて人にいいように使われていきます。

そして、お金に余裕ができると自分に投資し今度は家で時間を使い始め、使われないようにしていくのです。

稼ぐ人というのは自信家に見えて自己評価が低くい為に学ぶ意欲が高いのです。

これはある意味人生のテクニックです。

お金を稼いでいくにはマインド論だけでなく、このテクニック論を兼ね備えていないと厳しく、その証拠に巷に溢れている成功者の本とか高額の自己啓発のセミナーに参加してもほとんどの人が結果を残していけない訳は、マインド論だけに執着し過ぎ、わかった風になってしまう所です。

知るべきことを知ることで人生へのテクニックがあがっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

鳥居 重則会社2社の代表取締役

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINK







SNS

広告

ページ上部へ戻る