注目の記事 PICK UP!

目標設定の三分割

ここ最近、実は刺激が足りなく、なんかしっくりしませんでした。

これは別にネガティブな意味ではなくて、向上心の表れだったり、成長欲だったりします。

 

この場合、感情は2つに分かれます。

 

よし、やるぞ!という情熱な気持ちと

うーん。なんか違うなぁ。上のフェーズに行く為にはどうすればいいのか?という冷静な気持ち。

 

この2つに私は分かれると考えております。

 

情熱的な感情の場合は行動に起こりやすく、凄くイキイキしている感じになりますが、冷静な感情の場合、頭で考えることが多いので、様々な状況整理などをし始めます。

 

この刺激のない理由なども自身で把握しているので、目標設定を3分割して考えていました。

 

あくまで私の持論です。

 

まず、目標設定して、そこから過去、現在、未来の3つに三分割します。

 

そこからさらに、過去を三分割、現在を三文分割、未来を三分割に分けます。

 

その三分割した状態を更に三分割して、どんどん三分割にしていくと過去から現在に持ち越しているもや、未来に持ち越しそうなものがわかってきます。

 

過去から現在に持ち越しているもので未来に持ち越しそうなものは、現在の時点で対処していかないとならない訳です。

 

未来の設定が3年後5年後ならば、それまでに対処しないと未来にも感情として引きずってしまい兼ねないのです。

 

例えば、過去から現在にかけて借金があったり、腐れ縁のような夫婦関係、恋人関係、対人関係、仕事関係などあるのでしたら、現在の時点で対処方を考え、未来に持ち越してはダメで、そのちょっとしたものが目標のバランスを失ってしまう原因になります。

 

因果に関係してきますが、過去の結果が今になり、それを未来へ持ち越せば持ち越すほど、キレなくなってしまいます。

 

常に断ち切る状況は現在である為、未来をよくする為に、ターニングポイントにしないとならない訳です。

 

情熱的な感情の時より、冷静な感情の時の方が、何かを判断するのに向いていますし、分析も冷静です。

 

全てを分割化することで自分に現在足りないものが、明確に見えてきます。

 

鳥居重則

ID検索はこちらから
→『@s.torii』検索(@を忘れずに!)

 

 

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 第5回:時間の整え方

  2. Vol.7 理想の前に成果をあげる。

  3. 【閲覧注意】ドロドロの血を抜く瀉血治療

  4. 自分の事を自分で決められない人が多過ぎる

  5. 【群れず、ブレず、流されず】 

  6. 北陸新幹線グランドクラス

  7. どうなるかわからないから未来は楽しい。

  8. Vol.5 変わりたいと思っていてもなぜ、あなたは変わることができないのか?共通する3つの欠点。

  9. 自己成長を貪欲に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINK







人気記事

広告

PAGE TOP