感情の成長過程

Facebookなどを見ていると感情を顕にしてしまう人なども多く見受けられます。

しかし、それはナンセンスな訳です。

単なる構ってちゃんになってしまうのは意味のない行動の表れです。

 

誰でも悩みや、不満なんて抱えているし、それを表に晒す必要はない。

 

人は感情で動いているので、気持ち高ぶったり、沈みこともわかります。

 

感情的になることで、人間関係をぶち壊すこともあるし、うまく行きそうな恋愛なども行かなくなってしまうこともあるのです。

 

自分の感情的な発言や行動は相手を無視して自分の想いをわかってほしいという、ただの子供じみた対応に過ぎないのです。

 

その子供じみた衝動がいつも自分をダメにしていることに気付かない限り、感情の成長というのは望めません。

 

一方的は感情論は迷惑に過ぎなく、感情的になりそうな時こそ、成長できるチャンスな訳です。

 

いつまでも自分の感情に囚われていてはいけません。

 

感情を顕にする時はネガティブな場合が多く、文章にも曇りがかった感じに見えてしまいます。

 

自分を成長させる為には、感情をコントロールする必要があります。

 

物事をうまく運びたいのであれば、自分の感情とうまく付き合うことです。

 

冷静に時には冷酷になることが自分を成長させる訳です。

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 【閲覧注意】ドロドロの血を抜く瀉血治療

  2. 40歳まで仕事に生きる。

  3. なんとなく忘れてしまう

  4. Vol.7 理想の前に成果をあげる。

  5. Vol.34 内なるものは外に勝る。

  6. 2016年どう変わりましたか?

  7. 第5回:時間の整え方

  8. 香港→深圳に謝謝!

  9. 【ソーシャルメディアを戦略的に活用する】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 6位

    前悔

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP