Vol.35 時間短縮法。

1日24時間というのが、人に与えられた、唯一平等なものだと思っています。

それ以外は、不平等。

むしろ、平等だと成り立たないこともあり得るということ。

学生の頃、みんなが遊んでる時間、勉強し時間をかけていたから、良い大学に入る人もいるし。

逆に勉強しなかったから、中学卒業し、学歴とは関係ない仕事をしたりする人もいる。

私自身が勉強が大嫌いでしたので、後者の中卒タイプです。

なので、人より多くの経験をと思って、資産家の運転手や秘書などもやってみたりしていました。

みんなが勉強しているうちに、こっちは経験を積んで働く。

学歴にコンプレックスがあった訳じゃありませんが、それが自分のフェーズを上げる時間短縮だと思っていたからです。

ビジネスするには最低限勉強も必要です。

YouTubeや本などで勉強できる部分はそれで良いと思います。

私自身のやり方はこの、YouTubeを見るときに1.5倍〜2倍速で見るようにしています。

そうすると、時間を短縮してみれますし、スピードも速いので逆に集中して聴いたりするんですよね。

後は隙間時間を使ってアウトプットしたりとか。

今は赤坂から銀座に向かうタクシーの間で配信をしておりますが、帰ってからやろう!とかってなると、ダラけてしまったりするので、移動時間に終わらせられることは終わらせる。

人それぞれ合う合わないはあるかと思いますが、時間をうまく使うことで効率が上がるのは間違いありません。

自分の効率良い時間短縮法を見つけることで、1ヶ月時間がかかっていたことが、数日でできたりしてきます。

 

 

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 第20回:現在必要なくても未来必要になること

  2. Vol.6 社会貢献とは笑顔にすること。

  3. 1日1日のイメージで成功は掴める。

  4. Vol.4 大我(たいが)と小我(しょうが)

  5. Vol.33 Noと言った時点でやらなくなる。 Yesと言ってその限界までやり尽くすこと。

  6. Vol.10 今お金がなくても

  7. Vol.5 変わりたいと思っていてもなぜ、あなたは変わることができないのか?共通する3つの欠点。

  8. Vol.25 決断の差

  9. 失敗は恥じる事なく、財産にせよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ピックアップ記事

LINK







PAGE TOP