Vol.33 Noと言った時点でやらなくなる。 Yesと言ってその限界までやり尽くすこと。

優秀な人、優秀でない人の判断は一瞬で見抜かれたりしてしまいます。

徹底的な違いはYes or Noの差にあります。

時に無茶苦茶な提案やノルマを課せられた時、理論的に無理だと思いNoと返事をする、または無茶とわかっていてもYesと返事する人

これは別に嫌がらせで課せている訳ではなく、その期間内にどこまで仕上げてくるのかというのが重要。

もちろん、できないと思ってそんな課題を渡している訳ではなく、できると思い言うのですが、この後の返事に「いや、こうでこうでこうなので、期間内にはできません」と言う人か「わかりました」と言ってとりあえず取り掛かる人では、印象から変わり始めます。

Noと答えた人は、できない理由を正当化し取り上げることで、やる気から既にない。

どうせ無理だしとやらなくなり、期間がきても「できませんでした」と状況は全く変わらない。というよりも変えなかったというのが現実。

Yesと答えた人は、とりあず時間がないので、形に近づける所まで持って行き、終わらなくても経緯経過を伝え期間内に終わらなくても、あとこの位で終わります。と経緯経過として伝えていきます。

そうすると、もう少しこうして欲しい、とりあずこれで一旦提出して欲しい。と完成度合いがわかるため、状況を変えることができていく訳です。

自分でできないとNoを言ってしまえば、人はできないと思いやらなくなる。

しかし、できるとYesを答えた側は期間内まで限界値でやるため、常に自分をアップデートされていきます。

この返事の差から経験値が変わっていきます。

Noという人に次のことを頼みたいと思いません、期待もしなくなります。

言ってしまえば自分には必要ない人になってしまいます。

Yesという人には仕事をどんどん振りたくなるし、何かあれば重要視し人へ紹介できたり、自分への特別な人物、重要人物へと昇格していくので、良い話、良いアイディアがあれば、真っ先に振ってきてくれるのです。

ただ、返事するくらいなことであれば、子供でもできるので、その後の行動が重要視されてくるのは言うまでもありません。

ピンチはチャンスというように、チャンスもピンチであり、全て裏表一体なのです。

返事1つでチャンスにもピンチにも変わっていきます。

補足動画はこちらから

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 第13回:情報発信

  2. 簡単にマインドセットは吸収できない。

  3. Vol.5 変わりたいと思っていてもなぜ、あなたは変わることができないのか?共通する3つの欠点。

  4. なんとなく忘れてしまう

  5. 【借金を自信に変える】

  6. 稼げない人の2つの理由

  7. Vol.6 社会貢献とは笑顔にすること。

  8. Vol.17 稼げるようになる人と稼げないままの人。  

  9. Vol.34 内なるものは外に勝る。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

広告

ピックアップ記事

LINK







広告

PAGE TOP