Vol.28全てを吸収しようとせず、一部を吸収すること。

実践的な行動に移すには全てを吸収せずに、一部を吸収し実践する方が効果的で、結果も出やすい。

ほとんどの人が全てを吸収したく「つもりでいて」満足感で終わってしまいます。

その結果が、ただ「知っているだけ」のパターンな人になってしまい、満足感に浸ってしまうのです。

しかし、一部を吸収すると人は自分が必要だと思うテーマに的を絞り、何度も同じ部分を学び実践していきます。

全てを吸収しようとした結果が裏目に出てしまうパターンもあり、逆に一部を吸収する人はフォーカスが決まっているので、そこに長居できる訳です。

勉強法、実践法は人それぞれですが、明らかに結果に結びつかなければ、ただの口だけで終わってしまいます。

変なプライドは時として自分の弱点となり、横暴になってしまう可能性だってあるのです。

まずは、小さくても結果を出し続けることからが、始まりに過ぎないのです。

鳥居 重則

借金6000万円をSNS起業し返済。「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編に取材協力し映画化される。LINE@ご登録は【@s.torii】で検索。

関連記事

  1. 環境を言い訳にしない

  2. Vol.19 自分を商品化する為の4条件

  3. 第8回:運が良い人、運が悪い人

  4. 第3回:地獄からの生還する秘密

  5. 第10回:成果を出す為に必要な事

  6. Vol.32 やりたい事をやるから結果がでない!?

  7. 自分なりのゲン担ぎ

  8. Vol.12 時間が信用を生む。

  9. Vol.25 決断の差

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ピックアップ記事

LINK







PAGE TOP